子供の全身蕁麻疹から約3週間!次男の現在の様子や発症の原因は?

こんにちは、かねまるです。

9月に入った直後、次男の指の間にできたブツブツ。日に日に広がり、腕や足がブツブツだらけになってしまいました。皮膚科では「湿疹」と診断され…

ブツブツだけだったのが、だんだんと蕁麻疹のような赤身や形に広がっていき。

2度目の皮膚科では「蕁麻疹」、もしくは「多型滲出性紅斑」と診断。

全身に蕁麻疹(or多型滲出性紅斑)が広がってから約2週間後、真っ赤だった下半身は徐々にマシになっていき…

そして2歳の次男の全身蕁麻疹から約3週間経過。現在の様子を記録しておきます!

スポンサーリンク

3週間経った次男の足の様子は?

嘘みたいに完治!すっかり元の色白な足に戻りました。

ブツブツがひどかった指の間と腕、そして赤みを帯びていたほっぺたもツルツルに!

蕁麻疹(or多型滲出性紅斑)で真っ赤だった時は、皮膚科の先生から「このまま1週間ひかなければ大きい病院を紹介します。」と言われていたので、ある程度長期戦になる覚悟はしていたのですが…

3週間で蕁麻疹(or多型出性紅斑)の治療を終えることができました。

原因はなんだったの?皮膚科の先生の見解

蕁麻疹や多型滲出性紅斑の場合、原因は多岐にわたるようで「これ!」と断定できないようです。原因がわからないため、また同じような症状を繰り返すかもしれません。

うちの次男の場合めちゃくちゃ偏食なので、食べ物が原因というわけじゃなさそうです。皮膚科の先生にも、「食べ物が原因ではないと思うので、今アレルギー検査をする必要はない。」と言われました。

そして、「蕁麻疹ではなく、おそらく多型滲出性紅斑でしょう。」とのこと。

心配すぎる3週間が終わって

病院に連れて行った直後から日に日にひどくなっていく次男の体。ブツブツが出来てすぐに病院に連れて行かなかったことを悔やみました。

真っ赤にぷくっと膨らんだ広範囲の蕁麻疹を見た時は、もう治らないのではないかとも思いましたが、時間の経過とともに赤みは薄くなっていきました。

現在はすっかり元通りの姿になり、次男も「治ったね~」と嬉しそうにしています。お薬も嫌がっていたけど、よく頑張ってくれました!…強制的に飲ませてごめんね(´-ω-`)

今後、一体何に気を付ければ今回の症状を避けることができるのかはわかりません。でも、再び同じ症状になった時も、落ち着いて対処できる自信がつきました。

とりあえずしばらく病院に通わなない日々が続くことを願いたいですね(;^ω^)

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする