キム兄の唐揚げレシピが激うま!シンプルが一番だと思い知った!

こんにちは、かねまるです。

主婦になってから8年くらい、唐揚げを作るときはクックパッドの上位らへんに掲載されているレシピにお世話になっていました。

お世話になっておいてなんなんですが、「めっちゃ美味しい!」とは思うことができず…

自分でも試行錯誤してレシピをアレンジしたり色々と試してみたものの、これだ!という唐揚げの味に出会うことなく年月だけが経ってしまいました(;^ω^)

そして!2016年くらいでしょうか?

キム兄こと木村祐一さんがテレビで紹介していた唐揚げのレシピを試したところ…

ナニコレめっちゃうまい!!!( ゚Д゚)

何個でも食べたくなるくらい美味しかったんですよね。

それ以来我が家の唐揚げは、ブレることなくキム兄のレシピで唐揚げを作り続けています。

スポンサーリンク

キム兄の唐揚げレシピ

キム兄の唐揚げレシピの魅力は、材料の少なさや漬け込み時間の短さにもあります。唐揚げに手間や時間のかかるイメージを持っていた人は、あっという間に作ることができる手軽さに感動するかもしれません(*´з`)

もちろん味もめちゃうまですよ~!!!

キム兄の唐揚げの材料は?

  • 鶏もも肉500グラム
  • 醤油大さじ4
  • 大さじ2
  • 生姜おろし汁大さじ2
  • 旨味調味料適量
  • 片栗粉大さじ6

わが家は濃い味が好きなので、ニンニクを1片弱と塩コショウも追加!生姜のおろし汁も用意できないことがほとんどなので、チューブで対応しちゃってます(*´▽`*)

※うま味調味料は味の素を使用しています。

キム兄の激旨シンプル唐揚げの作り方

  1. 鶏もも肉を一口大に切ってボウルに入れる。
  2. 鶏もも肉の入ったボウルに、調味料(醤油・酒・生姜のおろし汁・旨味調味料)を入れてよく混ぜあわせる。
  3. 5分放置!!
  4. 片栗粉を投入して全体にいきわたるように揉みこみます。
  5. 160度の低温で1分半鶏肉を揚げます。
  6. 1分半経ったら、鶏肉を取り出し4分置いておきます。
  7. 最後に180度の高温の油で1分揚げて完成!

片栗粉は少ないと思ったら追加しちゃいましょう。低温で揚げたあとに4分放置するのは、余熱で鶏肉の中まで火を通すためらしいですよ(^ω^)

最後に高温で鶏肉を揚げることで、カリッとした唐揚げが出来上がるわけですね!

スポンサーリンク

コレだという唐揚げレシピに出会えてない人におススメ!

今回紹介したキム兄の唐揚げレシピは、クックパッドや料理のプロのレシピをあれこれ試してもなかなか納得のいく味に出会えないという人に是非1度試してもらいたいです。

一度原点に帰るという事の大切さがわかるかと思います。私は、あれこれ試しすぎて、唐揚げにはゴマ油やすりおろした玉ねぎを入れるものだと錯覚してしまっていました。

キム兄の唐揚げを作ってみると、今までなんであんなにあれこれ入れちゃっていたのかとバカバカしくなりました(笑)

シンプルこそ鶏肉の味が引き立って美味しさが増すのだなと実感。

材料が少ないので準備も楽。漬け込み時間もたったの5分でOKなので、味が染み込まない心配もなし。

とはいえ、味の好みは人それぞれなので、調味料の量や漬け込み時間などは徐々に自分の好みに合わせていくといいかと思います(*´▽`*)

実際に、キム兄の唐揚げのレシピには調味料が「醤油小さじ4」「酒小さじ2」説もあるのですが、私には少なすぎると感じたので現在は大さじで定着しています。漬け込み時間も1時間くらい経っちゃうこともよくありますよ~。

料理中はやることが多くて時間をきっちり守るのは難しいですもんね。自分のペースでいきましょう。

是非お試しあれ。

最後までお読みいただきありがとうございました(*´▽`*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする