子供の結膜炎は病院へ!市販の目薬との効果の差に驚き

こんにちは、かねまるです。

先週は5歳の長男の原因不明の高熱が数日続き、同時に結膜炎も発症。市販薬で治るかな?と数日粘ったのですが、日に日にひどくなる症状に耐えかねて病院へ行ってきました。

スポンサーリンク

長男初めての結膜炎の症状は?

もうすぐ6歳になる長男ですが、結膜炎になるのは初めてでした。高熱が出た直後に目が痛いと訴えだし、目やにが多くなりました。目やにを取り除いても、ものの数秒でまた目やにが角膜を覆う繰り返し。

次の日には反対側の目にも同じ症状が現れ、目が腫れて赤くなっていました。家にあった市販の結膜炎の目薬も使っていましたが、日に日にひどくなる一方

朝になると固まった目やにで目が開かなくなり、お湯で濡らしたタオルで目やにをやわらかくして取り除くしかありませんでした。夜中も何度も起きて、「目がー!!」と泣くので、そのたびに目やにをウェットティッシュでふき取っていました。

症状としては、ひどい目やに充血かゆみ目の腫れの4つでした。

お医者さんの診断は?

診断結果は、軽い細菌性結膜炎(さいきんせいけつまくえん)でした。目を手でこすったりしてバイキンが入ってしまったようです。

細菌性結膜炎は感染力があるという話もありますが、今回行った眼科の先生には「軽い結膜炎なので人にはうつらないでしょう」と言われました。とはいえ、現在夏休み中で登園がなくて良かった。

だいたい4日ほどで完治することが多いとのこと。2学期の始業式には余裕で完治しているはずなので安心!

細菌性結膜炎は、片方の目がなると数日後にもう片方の目も同じ症状になるということで、まさに長男の症状と一致しました。

結膜炎で処方された点眼液は?

今回の症状で処方していただいた点眼液がこの2つでした。使い方としては、まず赤いフタのレボフロキサシン点眼液を先に入れ、次にフルオロメトロン点眼液を使います。

レボフロキサシン点眼液1,5%

赤いフタのレボフロキサシン点眼液の効果としては、細菌のDNA複製を阻害し、増殖を阻害することにより抗菌作用を示してくれます。結膜炎やものもらいの治療などに用いられるようです。

フルオロメトロ0,1点眼液T

外眼部炎症疾患の治療に用いられます。ステロイド点眼薬なので、長期間使うのはNGらしく、2週間経ったら捨てるように指示されました

病院の点眼薬を3日間使った現在

病院でいただいた目薬を使い始めて今日で3日目。効果は驚くことに1日目から現れ、目やにが出にくくなりました。3日目の現在は、ひどかった目やにの悩みからも解放され、快適に眠れている様子です。

眼科の先生が「強い目薬です」とおっしゃっていた通り、市販の目薬との効果の差は激しかった!

今回初めての結膜炎同様、眼科にも初めて行くことになりましたが、先生の優しい対応に長男も安心して受診することができました。とってもありがたかったです。

目の異常を感じたら、すぐに眼科にかかるべきですね(*^_^*)

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする