2019年入学用ランドセル購入!大丸・松坂屋の職人の手仕事ランドセル

こんにちは、かねまるです。

2019年入学の為の長男のランドセル…ようやく購入してきましたーっ!

値段はピンからキリまであるし、色・使い勝手などなど…悩む要素はたくさん。まさかこんなにランドセル選びに悩むとは思いもしませんでした。

スポンサーリンク

購入したのは大丸・松坂屋の職人の手仕事ランドセル

私が今回購入したランドセルは、大丸・松坂屋限定商品の職人の手仕事ランドセルキッズアミ牛革キューブランドセルです。

ランドセルを探しに、イオンに行ったりトイザらスに行ったりしたものの、「いいな」と思うものに出会えませんでした。派手なものばかり取り扱われており、残念ながら自分好みのものは無く…。

そこで百貨店を回ることになり、ようやくコレだと思えるランドセルがあったのが大丸・松坂屋でした。

キッズアミ牛革キューブランドセルの特徴

大丸・松坂屋限定商品です。傷や雨に強い牛革ボルサが使われており、比較的頑丈。職人さんが丁寧に作ってくれたシンプルなランドセルです。

カラー展開は、レッドワインレッドグレーブラックネイビーキャメルグリーンチョコ×キャメル

基本情報は以下の通りです。

値段 64,800円
重さ 1260グラム
サイズ

A4フラットファイル

マチ幅11センチ

原産国 日本
仕様 ウイング背カン

キッズアミの牛革キューブランドセルに決めたワケ

まず、自分が「こんな色がいいな」と思っていた、まさにその色があったからです。ランドセル選びを始めた当初、ランドセルの色は黒にしようと思っていたのですが、長男が「青がいい」と言い出したので、間をとってネイビーにすることにしたんです。

その、ちょうどいい色だったのがキッズアミのランドセルでした。青といっても、地味すぎず派手すぎない上品な色。ちょっと光沢があるかんじも素敵です。

大丸・松坂屋限定商品のキッズアミのランドセルには、キッズアミ クラリーノ キューブランドセルキッズアミ牛革キューブランドセルの2種類がありました。

2つの違いは、クラリーノ(人工皮)か、牛革か。そして、かぶせ裏・サイドのデザイン・マチ幅・重さ、そして値段などの違いもありました。

かぶせの触り心地や色も、牛革キューブランドセルの方が自分の好みでした。まぁ値段はクラリーノより8,000円ほど高いけど、6年使うし、気に入ったものがいいしね(^^♪

 

2018年11月末までに大丸・松坂屋店頭で早期予約特典マークの付いているランドセルを購入すると、早期予約特典としてネームプレート・ネームタグをつけてもらえたり、かぶせ裏に名前を入れてもらえます※購入するランドセルによって特典内容は異なる

私が購入したキッズアミ牛革キューブランドセルの場合はかぶせ裏に15文字以内の文字を入れてもらえるという内容でした。ひらがなかローマ字になると思います。

ランドセル購入でおまけにもらえたもの

ランドセル購入のおまけ

2018年8月末までにランドセルを購入すると引換券がもらえるようです。引換券はサンリオで使用することができ、メモ帳か巾着と交換してもらうことができました

私は幼稚園で使う用に、巾着を選びました。こんなおまけがあるとは知らなかったのでラッキー♪

ランドセルが決まってようやく一安心!

ランドセル選びって、スパッと決められる人もいれば、私のように優柔不断でなかなか決められない人もいますよね。ランドセルが決まらなかった当初は焦りもありました。

ランドセルの購入方法は?の記事も良かったらご覧ください♪

最近では、こだわりがなければ焦ることもない♪とドンとかまえていたつもりだったんですが、いざ注文予約が終わるとこんなにもホッとできるものなんだということを実感!

今思うと、ランドセルのことが頭から離れる日はなかったし、気づかないうちにプレッシャーみたいなものがあったのかな(;^ω^)

夫や子どもが「こんなのがいい!」という提案をバンバンしてくれたらどれだけ助かったか。「色さえちゃんとしてたらなんでもいいよ」という完全に私任せだったので、そういえばちょっとストレスになっていたのかもしれません。

とにもかくにもランドセル選びは秋になる前に終了しました!子ども関係の悩みってホントに尽きませんね。これからもっと考えたり悩むことがたくさん待っているだろうけど、ちゃんと乗り越えていかなきゃですね。頑張ります!

大丸・松坂屋のランドセルが気になった方は是非チェックしてみてくださいね(*´▽`*)

大丸・松坂屋のランドセル

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする