泳げない子どもの水泳教室2日間体験!結果&1年後は?

こんにちは、かねまるです。

去年の今頃、5歳の長男の水泳教室2日間体験に参加することにしました。あれから1年経ったので、水泳教室に参加した当時のことと、参加した結果…そして、あれから1年後の長男の様子を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

水泳教室に参加したワケ

幼稚園に入園して始まった夏のプール。泳げる子・泳げない子・水に顔をつけるのが怖い子…色んな子がいる中で、うちの子は水が顔にかかるのもダメな子どもだったんです。お風呂で水が顔にかかるだけで「ギャーッ」となるので、これはまずいと

息子自身も、お友達は平気で水中に潜れるのに、自分は水に顔もつけられない…という悔しい思いは抱いていたようです。

他にも、『喘息持ちは肺を強くするために水泳を習い事にすると良い』と聞いたことがあったので、それもあって水泳教室に通わせたいなぁと思っていました。

色々調べてみると、近くに2日間水に慣れる体験コースをやっている水泳教室があったので、こっそり申し込むことにしたんです。先に「水泳教室にいくよ」と言ってしまうと、当日怖がって行きたがらない可能性があるので、前日まで内緒にすることにしました。

水泳教室の様子

2日間水泳教室体験!水を好きになるコースを選択。2000円くらいでした。残念ながら、1日目は喘息の発作が出たので欠席。2日目だけの参加となりました。

当日、「水泳教室に行くよ」と言うと、予想外にノリ気!水泳教室に行くと水が怖くなくなるかもよ♪と言い聞かせていたのが効いたようです(笑)

いざ水泳教室に到着し、レッスンが始まってビックリ。初心者だけの集まりかと思いきや、すでに泳げる子や、泳げないけど水中に潜ることができる子ばかり。水が怖いのはうちの息子だけでした

水に慣れるための体験だと思い込んでいたのですが、内容もスタートから結構ハードで、「ハイ!じゃあまずは水中に入れたフラフープをくぐりましょう!」ってなかんじで、「えっ!?」となりました…。

まわりの子がやっているから自分もやらなくては!と思った息子。なんとか一生懸命やろうとしていましたが、いざ自分の番がくると、怖がってできませんでした

そんなことが続き、結局楽しそうにしていたのは最後だけ。巨大なビート板のようなものに乗った時だけでした。

この2日間の水泳教室体験が楽しくできたら通わせる予定でしたが、息子は「絶対行かない」と断固拒否。まぁあの内容だったら行きたくなるワケないよなぁ~と納得です。

そんな微妙な感じで水泳教室体験は終了しました(苦笑)

あれから1年経ったうちの長男

水泳教室に行った後、小学生になっても水への恐怖心は消えないかもと覚悟を決めたほどでしたが…。あれから1年経った長男はどうなったこいうと、自分から進んで水に潜ることができるまでになりました

練習場所はお風呂です。ゴーグルをして、徐々に水に顔をつける練習を続けていたら、いつの間にか頭までジャボンと浸かって20秒くらい潜れるように。

泳ぐ練習はまだしたことがないけど、ちゃんと楽しんで練習さえすれば出来るようになるものだなと思いました。あまりに水を怖がる場合は、安心できる自宅など環境で地道に練習するべきかもしれませんね。

初心者コースの水泳教室体験に行く前に!

水に慣れる初心者コースと書いているから大丈夫!と安心しきって、参加したワケですが、実際はバンバン水に潜るコースでした(;’∀’)

事前のアンケートで「水に顔をつけることができない」「水がこわい」などなど伝えていたのですが、そこの水泳教室の方針では「大丈夫!まずはやってみよう!」というやり方だったようです

どういったコース内容なのかということは申し込む前にきちんと確認しておくべきだったなと深く反省しました。水に恐怖心を抱いているお子さんをお持ちの方は、水泳教室の体験に行く前に確認することをおススメします

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする