新生児育児!私が育児ノイローゼになった原因とは?|里帰り出産

下町

痛みを乗り越えた出産、産婦人科での入院期間を終えて、ようやく夢だった赤ちゃんと病院の外に!私は里帰り出産だったので、産後の1ヵ月は実家で赤ちゃんとの生活が始まりました。

しかし、私はその時すでに育児ノイローゼになる原因1つ目に直面していたのです。

“幸せ”と一緒で、“育児ノイローゼ”も後になってから気づくもの・・・

育児ノイローゼとは?
出産や育児で、母親が精神的に不安定な状態になること。

育児ノイローゼになった原因は大きく3つありました。

スポンサーリンク

①母乳で育てなきゃいけないという気持ち

手

初めての子供でしたので、母乳がどうだのミルクがどうだのあまり深く考えていませんでした。「フリースタイル出産が魅力的な産婦人科」ということでそこで産むことを決めたわけですが、その産婦人科が“母乳育児推奨病院”だったのです。

最初に母乳育児をしたいか、混合(母乳+ミルク)でいきたいのか、ミルクでいくか、という選択肢がありました。私は「母乳がでるなら、ミルク買うお金がもったいないしなぁ。」という単純な気持ちで「母乳育児♪」と紙に書いたと思います。

なかなかのスパルタ指導が待っていた・・・

出産後は、休む間もなく眠れない毎日と母乳育児のスタート。何時であっても、2時間に1回は授乳室へいき30分以上授乳。赤ちゃんを片手で抱っこすることにも、オムツの交換にも、なにもかも慣れていない状態です。当時の私には授乳することもとてつもなく難しく、1時間近く授乳しても10グラム飲んでるか飲んでないかという状態が続きました。

授乳中の赤ちゃんの抱き方も、飲ませ方も、「違う、こう!」と毎回指導されました。自分では一生懸命やっていたつもりでしたが、赤ちゃんの体重はみるみる減っていき、そんな状況を心配してくださった助産師さんの、「ごはん残さず食べてる?たくさん食べないと母乳でないよ!」というアドバイスすら苦痛に感じていました。

毎回食事の時間はとっても憂鬱。「食べたくないけど残したらまた何か言われる・・・」「でも食べなきゃ母乳でない・・・」必至で食べました。

それでも増えない体重

赤ちゃんの生まれてすぐの体重は、入院期間中にみるみる減っていきました。退院2日前になりようやくほんの少しずつでしたが増えていき、なんとか入院6日目で退院できることに。

しかし退院して2日の赤ちゃんの体重測定で、「また体重減ってる」ということで再入院に。不安で不安で仕方ありませんでした。でも、「ミルクを足す」という思考に至らず、私はすっかり「母乳でがんばりたい(やらなきゃいけない)!!」という気持ちしかありませんでいた。

再入院をした日に赤ちゃんの体重が少し増えて次の日退院。そこからは1日おきに通院という日々が始まることに。家では、食べたくなくても母乳の為にご飯をたくさん食べ、夜中は餅を2個以上食べていました。それでもちゃんと母乳が出ているか、赤ちゃんの体重が増えているかが授乳のたびに気になって仕方なかった私は、ベビースケールをレンタルしました。

2時間に1回の授乳。夜中であっても授乳をする前と後は赤ちゃんの体重を量り、何グラム飲んだか毎回記録し続けました。増えていなかったら、また授乳を開始する。退院してからの1ヵ月は毎日続けました。

②眠らない赤ちゃん

赤ちゃんの横顔

うちの長男は、ずっと起きている赤ちゃんでした。「泣いたら絶対にすぐに抱っこしましょう。」という助産師さんの言葉があったので、ひたすら抱っこしました。気づけば抱っこしないと泣いてしまう状態になっていました。

なので私は抱っこしたまま座って眠っていました。布団に降ろすと「ギャーーーー!!」と泣く。1度と泣くと泣き止まなくなり、泣き止ますために部屋中うろうろ2時間くらい歩き続けなきゃならなくなるので、布団に降ろそうという気持ちもほとんど湧かず、抱っこしながら寝るという方法しかありませんでした。

「たとえ赤ちゃんが寝ていても、しっかり起こして2時間に1回授乳しましょう。」という産婦人科の教えもちゃんと守って、夜中も寝ている赤ちゃんを起して授乳していました。

「眠りたい」ということしか頭にはなく、友人や親せきがお祝いで訪ねてきてくれても、「この時間に眠れたらどんなに幸せだろうか」という気持ちしかありませんでした。

実家に里帰りしてるなら、親に子供預けて寝れば?って思いませんか?実は、私が育児ノイローゼになった原因に、それも関係あるのです・・・

③実家に甘えることができなかった

落ち込む女性

犬アレルギーの記事にちょこっと出てきたように、うちの親は放任主義といいますか、ちょっと?だいぶ?かなり??変わっています。私の父親に関しては、ほんの1分でも赤ちゃんを見ていてもらうことを躊躇しました。というか結局頼めませんでした。

母親には、「産後は携帯電話は電話をする時以外触ってはいけない。」「テレビを見てはいけない。」「静かな場所にいなければいけない。」と言われていたので、学生時代に使っていた2階にある部屋に赤ちゃんと2人で1日中こもっていました。

テレビもあったけど見なかったし、携帯電話でネットを見るのが大好きだったのにそれもしませんでした。シーンとした部屋で、1日中赤ちゃんの泣き声だけを聞き、赤ちゃんの体重を記録し、1日の赤ちゃんの様子を日記に書いたりカメラにおさめたりしていました。

「ごはんだよ」という言葉がどれほど待ち遠しかったか。

こんな毎日でしたから、トイレにいきたくても行けませんでしたし、お風呂に入りたくても入れませんでした。こんな風に書くと、「親にいじわるされてたの?」と誤解されそうですが、違います。私の両親はさっきも言ったように、放任主義なんです。自分から言わなければ気づいてもらえなくて当然だったのです。

トイレには、ごはんを食べたあとに行ったり、お風呂は数日に1度は「入りたい」と言うことができました。お風呂に入ると、赤ちゃんを見ていてもらう時間が20分ほどになるので申し訳なくて「毎日入りたい。」とは言えませんでした。

ちなみに、この時も実家に犬はいましたが、飲み薬と吸入器を使用して、アレルギーや喘息に対応していました。

里帰り出産を終えてからの変化

晴れ

産後の1か月検診を終え、お世話になった実家を後に。母乳育児推奨の産婦人科からも、実家からも解放される!!正直嬉しくてたまりませんでした。ベビースケールのレンタルが終わったことと、これからは料理を自分で作らなければならないことが不安ではありましたが、「やっと自宅に戻れる!」と舞い上がったのを覚えています。

大好きなうちのネコに会え、主人と子供が毎日一緒に過ごすことが出来る。自宅に戻ってからの私は、確実に毎日楽しく育児に励むことができていました。

自宅に戻ってから、産後ノイローゼになっていた期間の毎日がどんなに辛く孤独だったか痛感しました。

実家にいる時は、明るい時間はまだマシでしたが夜になると、真っ暗な中で泣き止まない赤ちゃんを抱っこして部屋中を歩き回らなければならない恐怖で、夕方の時間になるとこわくて仕方がありませんでした。(夕方からは赤ちゃんの為に電気をつけてはいけないと思っており、豆電球で過ごしていました。)

自宅に戻ってからも赤ちゃんは相変わらず抱っこでしか寝てくれませんでした。だからといって主人に「寝たいから」といって赤ちゃんを見ていてもらうことはありませんでした。主人に赤ちゃんを見ていてもらったのは、私がお風呂に入っている時間だけだったと思います。しっかり眠れない日が何か月続いても、私は毎日楽しかったし幸せでした。

赤ちゃんやうちのネコが可愛いかったからってのはもちろんですが、1番大きかったのはテレビを見られるようになったからです。どんなに赤ちゃんが泣いても、辛い時はビデオなどで大好きな映画のワンシーンを繰り返し観ながらあやすと辛さも吹っ飛びました。

私のストレス発散方法はテレビを観ることだったわけです。新生児育児、というか育児においてストレス発散がどんなに大切なことか実感しました。

育児ノイローゼにならないために

緑

当時の私に言うことができるなら、「のほほ~んとしなさい」と言いたいですね。

普段の私なら、母親に「トイレに行きたい!」とか、「お風呂に入りたい!」とか平気で言えます。育児ノイローゼで精神的に不安定だったからすべてのことに神経質になり、普段なら言えることでも言えなくなってしまっていたんです。

「こうしなきゃいけない!」「こうしたらダメだ!」と、何をするにも力が入りすぎていたんです。初めての育児で、わからないことだらけだったので、身構えてしまうのは仕方ありません。だけど、力を抜くことの大切さがどれだけ大切か。

育児ノイローゼになって学んだことを生かす

サムズアップ

長男の出産で育児ノイローゼになったので、次男の出産からは何においても力を抜きました。

長男の時と同様に里帰り出産をさせてもらいました。同じく母乳育児推奨病院でしたが、“母乳の出が悪ければ混合”を選びました。授乳はあいかわらずへたくそだったけど「そのうち体重も増えるでしょ~」と気楽に過ごしました。授乳室に行くのはたまにだけ。夜中は入院していた個室で授乳していました。赤ちゃんが寝ていたら、起こしてまで授乳もしなかったので8時間寝続けてくれることもありました。気持ちが楽だからか、食欲もあり病院食じゃ足りないほどでした。

退院して実家に戻ってから、あいかわらず両親に心を許すことができませんでしたが、自分の為に罪悪感は消して「お風呂に行くから赤ちゃん見てて」とか、「眠いから10分だけ寝かせてほしい」とか言うようにしました。

トイレは、赤ちゃん(次男)がたとえ泣いていても部屋に置いたままササッと行っていました。長男の時は「トイレに行くときも赤ちゃんから目を離してはいけない」と指導されていたので毎日我慢していましたが、冷静になってからは「あれは病院の中で目を離しちゃダメってことだったんだな」とわかります。当時は病院で言われたことがすべてだと思っていたので、実家でも忠実に守っていました。なんてバ・・・、真面目なやつ!

力を抜くことで、格段に楽しく育児をすることができました。私のように神経質な人は特に育児ノイローゼになりやすいかもしれません。

気を遣わず誰かと話すことや、自分の好きなことをしてリラックスしたり、ストレス発散することが、楽しく育児ができるかどうかのカギになるのではないでしょうか。

育児ノイローゼになっていると、自分が精神的におかしくなっていることに気づくことももちろんない。私は、里帰り出産がもうすぐ終わる!と意識しだしてから徐々に正気を取り戻したような気がします。

産後、旦那さんでもご両親でも、もし甘えられる環境にいるならばたくさん甘えるべきだと思います。たくさんの笑顔や優しい笑い声の中で大切な我が子の成長を見ていけたら素敵ですね。

これから初めての出産を控えているかたは、力を抜いてほどほどに初めての新生児育児に挑んでください。眠れない日があったとしても、きっと楽しく育児ができるはずですよ~。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする