子育てグッズ

幼稚園から使える子供用水筒!象印ステンレスクールボトルがおすすめ!

 

こんにちは、かねまるです。

 

最近、長男が年少さんから使っている水筒が壊れました。

 

 

この水筒は『コップに移して飲む』or『直接飲む』という2つの使い方ができたので「コレだ!」と思って迷わず即購入したものです。

 

だけどいざ購入してみると、3歳にはサイズが大きすぎたコップにうつすのが難しくこぼしてしまう直接飲むにも口が広くて飲みにくい。…という、思い描いていた水筒ライフとはかけ離れた現実が待っていました。

 

子供の水筒選びって、ほんっとに難しい…

 

周りのお友達は、ストローで直飲みできるタイプの水筒ばっかり!

 

 

正直、失敗したなって思いました(m´・ω・`)m 

 

年中さんになると、こぼすこともなくなり上手に飲めるようになったのですが、年少さんの1年、息子はきっと辛い思いをしたはず。※当時はなぜか買い替えるという発想がありませんでした(´;ω;`)ゴメンヨー

 

そして今回!年長さんの今、水筒を買い替える機会が到来!!!

 

もう失敗はしない!という強い思いで、この数日調べに調べてようやく1つの水筒に絞りました!

 

選んだのは象印ステンレスクールボトル!

象印 ステンレスクールボトル 容量:0.82リットル [SD-JK08-BG]ライムブラック【送料無料※沖縄・離島は除く】子供 キッズ 男の子 水筒 スポーツ 遠足 運動会 グッズ 軽量 コンパクト

 

すっごく悩んだ末、楽天でポチしたのは象印のステンレスクールボトル

 

年長さんという微妙な年齢だったので、キャラクターものにするか、飲み方はどういったタイプのものにするかなど、あれこれ考えることがありました(´-ω-`)

 

悩んだ末にこの象印のステンレスクールボトルに決定。そのワケをまとめてみます。

 

圧倒的な飲みやすさ

 

子供用水筒を買うにあたって、一番大事だったのは飲みやすさ!一般的に、年少さんの水筒選びであれば、迷わずストロータイプの水筒を選ぶでしょう。

 

だけど、年中さんや年長さんだったら…?ストロータイプは量も入らないし、なんだか子供すぎる(;^ω^)

 

そうなると、選択肢はコップタイプ直飲みタイプに分かれます。

 

 

コップタイプは、親とのお出かけや、レジャーシートを広げる遠足などで活躍するでしょう。しかし、幼児ひとりで飲むのであれば、ササっとスピーディに飲めることが一番大事かと考えました。

 

「パッと水分補給して早く遊びたい!」子供ってそんな感じですよね(*´▽`*)

 

今回購入した象印ステンレスクールボトルは、直飲みタイプ。しかも、飲み口が斜めにカットされており、スムーズに飲むことが出来るんです!

 

象印のステンレスクールボトルを選んだ一番大きな理由、飲みやすさ。これはもうハナマル!

 

大容量なのに軽い!

 

年少から愛用していたプラレールの水筒は、600ミリリットル容量で重さが375グラム。今回購入した象印ステンレスクールボトルは、820ミリリットル容量でポーチ込みの重さが450グラムでした。

 

220ミリリットルも多く飲み物を入れることが出来て、重さが75グラム差なんですね。単2電池1本ちょい。少し重くなるとはいえ、これは許容範囲内です!

 

男の子だし小学生になってからももちろん使うので、容量800ミリリットルは欲しかった!

 

これだけ入って450グラムなら軽い軽い♪

 

シンプルなデザイン

 

象印のステンレスクールボトルにも、色んなデザインがありました。

 

象印 ステンレスクールボトル 0.8L SD-FA08-BB ブルーブラック SDFA08BBひんやり 熱対策 アイス 冷感 保冷 冷却 熱中症 涼しい クール 冷たい

 

水筒 直飲み 【象印】 ステンレスクールボトル TUFF SD-EB08-BP ピンクブラック 0.82L 保冷専用

 

象印の他には、容量が800程度でこんなデザインも…

 

 

 

これはもう完全に使う本人や買う親の好みになるかと思いますが…私がライムブラックを選んだのは、やぱりシンプルなのに目立つということにつきます。

 

小学生になっても使うので、キャラクターものは避けたいなぁと思っていました。まぁうちの長男も特に好きなキャラクターもいなかったので…(;^ω^)

 

ブラックの中にライム色があることで、自分の水筒を見つけやすいという利点。なおかつ、制服などの地味な服を着ていた場合、水筒が目立つことで少しでも事故などの可能性を減らせるかなぁと…。

 

お手入れ簡単!

 

象印のステンレスクールボトル!丸洗いできるのはもちろんのこと、内面がフッ素コートなので水切れがよく、茶しぶやコーヒーなどの色やニオイが残りにくくなっているんです。

 

そして、汚れが気になる飲み口あたりの「せん」分解して洗うことができるので、いつでも清潔な状態を保つことができます。

 

ポーチはネットに入れて洗濯機で洗えます♪※手洗いコース推奨

 

 

実際に使ってみた感想は?

 

うちの長男、新しくなった水筒を持ってルンルンで幼稚園へ行きました(笑)帰宅後、めちゃくちゃ喜んでいました!

 

今まで使っていた水筒は、コップが付いていたので直飲みする際に手間がかかっていました。その手間がなくなり、パカッとフタを開けたらすぐに飲めるようになったのがかなり嬉しかったようです

 

男の子は我先に!!ってかんじでスピード勝負だもんね(;^ω^)

 

それに、斜めにカットされた飲み口が飲みやすかった!とのことでした。実は、勢いよく出たりしてこぼれないかな?と少し心配していたのですが…さすが年長さん。そういった調整ももう自分でできるのね(*´з`)笑

 

結果、使用感も大満足。私も洗うのめちゃ楽でした。今までのプラレールのやつは、「せん」が分解できなくて、洗うのがとっても大変だったので…。綿棒使って洗ってたのが懐かしいな(;^ω^)

 

広口容器なので氷もスムーズに入るし、洗いやすくなったし、なにより使う本人が喜んでいるわけですから。いい買い物したなと心底思いました。

 

象印ステンレスクールボトルはサイズも選べる!

 

うちの長男は幼稚園で実施されている体操教室に通っているので、今までの600ミリリットルの容量では足りないことも多々ありました。なので今回820ミリリットル入る水筒を選択。家に届くまでは、「大きすぎたらどうしよう!」と不安だったのですが…

 

うちの小さめ(+かなり細め)の男の子でも、違和感のない大きさでとっても安心しました(笑)

 

ネットで買い物すると、実物の大きさを推測するしかないので、ある意味賭けになってしまいがちですよね(;^ω^)なんセンチとかきちんとサイズが表記されていても、やっぱり実際に持ったイメージってちょっと違うもんね。

 

象印ステンレスクールボトルは、620ミリリットル容量のものもあります。

 

 

どっちの容量にするか最後の最後まで悩んだけど、うちは820ミリリットルにして正解だったと思いました。1つの水筒を長男と次男で分けっこすることもたま~にあるので(*´▽`*)

 

年長さんや小学校低学年の子供におすすめ!

 

象印ステンレスクールボトルは、小学校に入学する前の子供や小学校低学年の子供にピッタリだと心底思いました。

 

飲みやすさ、洗いやすさ、シンプルさなどなど…どれをとってもおすすめ。「このキャラクターが好き!!」などのこだわりがお子さんになければ、象印などのシンプルな水筒も良いものですよ♪

 

大人も気兼ねなく使えるし、子供もずっと使えるしね(*´▽`*)

 

象印ステンレスクールボトルには女の子用のデザインもありますよ。ミニーちゃんの服っぽくて可愛いです♪

 

 

子供の水筒選び。なんだかんだ悩みましたが、象印に決めたことで満足な買い物をすることができました。

 

キャラクターものは卒業したんだなという寂しさもうっすら感じますが、これもまた子供の成長を感じる1つの過程なのかもしれませんね(*´▽`*)

 

子供の水筒は飲みやすさが一番!それを考えて我が子にピッタリな水筒を見つけてあげましょう♪

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。