家事がグンと楽になる!ベビービョルンのバウンサーで辛い新生児育児を乗りきろう

こんにちは、かねまるです。

断捨離をしていると、クローゼットの中から懐かしいものが出てきました。長男の新生児育児で、眠れず家事もできない私を助けてくれた救世主の育児グッズ。そう、今ではすっかり赤ちゃんがいる家庭の定番になっているベビービョルンのバウンサーです

 

スポンサーリンク

ベビービョルンのバウンサーって?

ベビービョルンのバウンサーは、揺らせば心地の良い揺れが生まれるべビーチェアです。首座り前の生後1か月から使うことができるという優れモノ。

角度も3段階まで変えることができるので、ベッドのようになったり椅子になったり。上の写真のようにパタンと畳むこともできるので、使わない時はしまいやすいし、どこかに持っていきたいときも持ち運びがしやすいです

ベビービョルンのバウンサーを購入したワケ

長男の出産後、慣れない育児に加えどんどんたまっていく家事。「抱っこじゃないと寝てくれない!家事ができない!誰か助けて!!」と叫びたい毎日を過ごしていた私がたどり着いたのがバウンサー。中でも、ベビービョルンのバウンサーがいいらしい。←ネットの情報参考

口コミによると、赤ちゃんによって合う合わないがあるようで。1万円以上出してハズレだったらショックすぎる…と一瞬悩みましたが、「とにかく赤ちゃんが抱っこ以外で泣かずにいてくれる可能性があるなら!(あわよくばバウンサーで寝てくれたら!)」という強い思いが勝ったので勇気を出してポチっと購入に踏み切りました。

長男は本っ当に抱っこでしか寝ない子で。布団におろすと泣いて泣いて泣き止まなかったので、めちゃくちゃ悩んでたんですよね…。夜も完全に添い乳でしか眠ってくれなかったので家事をする時間を作るのが難しかったんです。頼みの綱はバウンサーだけでした

ベビービョルンのバウンサーを使った結果

ベビービョルンのバウンサーに助けを求めた私。生後1ヵ月になる直前に我が家にやってきました。「うちの子は気に入ってくれるかな?」ドキドキしながらベビービョルンのバウンサーに寝かせてみる。

最初は「なんだこれ?」という表情。しかし数分経てば「ギャーーーー!!!」といつものように泣いてしまいました。「ハズレだったかも」ショックを受けつつも諦めたくなかったので、1日に何度かバウンサーに乗せて少~し揺らす時間を作ることに。

慣れてきたのか数日後には、10~20分間くらい泣くことなく静かに座っていられるように!子育てママ・パパにはわかってもらえると思いますが、そのたった数分間が本当にありがたい時間なんですよね。

バウンサーを使って良かったことは?

ベビービョルンバウンサーを使うことで、毎日の生活がグッと楽になりました。例がいくつかあるので簡単にご紹介します♪

抱っこナシの時間を作れた

上にも書いたように、とにかく1日中抱っこをしている状態だったので、それがなくなったことがめちゃくちゃありがたかったです。大げさではなく、本当に夢のようでした

抱っこしすぎで腱鞘炎も患っていたし、腰も痛めていました。なにより精神的にすっごくしんどかった。ベビービョルンのバウンサーが来てからは、例え数分間でも色んなことから解放される時間ができました。※生後3か月くらいからは、平気で1時間以上座れるように。

快便

ベビービョルンのバウンサーに赤ちゃんを座らせるとウンチが出るといううわさ通り、我が子もちゃんと快便でした。それってバウンサーのおかげなの?と疑問を持たれるかと思いますが、なぜかオムツが汚れるのはバウンサーに座らせている時だったんですよね。不思議。

本人がすごく楽しそう

これは生後4か月くらいからですが、足の力が強くなったからか自分の足でバウンサーを蹴って揺らすようになりました。ユラユラという揺れではなく、周りが心配になるくらいのバンバンという大きな揺れ。それがめちゃくちゃ楽しそうなんです(笑)

うちの長男はバウンサーに座って大きく揺らし続けるのが大好きだったので、おばあちゃん家に行くときや、和室の個室で外食する時なんかはバウンサーも持って行っていました。

離乳食の時も使えた

長男が赤ちゃんの頃の我が家はダイニングテーブルがなかったので、離乳食時はベビービョルンのバウンサーが役立ちました。角度を1番高い状態にして離乳食。バンバン揺らしてくるので、離乳食をあげるときは、こたつテーブルの角をバウンサーの裏に当てて揺れないようにしていました。懐かしい(笑)

赤ちゃんのうちは結構汚れる!

バウンサーって少なくとも生まれてから半年は使えるものなんですが、赤ちゃんの半年間といえば、色んなものが汚される時期。バウンサーももちろん例外ではありません。

汚れるたびにバウンサーを洗濯していると、「今バウンサー使いたいのに!」って時にめちゃくちゃ困ります。バウンサーを24時間使えるようにするために、あらかじめバウンサーに敷いておくと安心なのが、ちょっと厚めのバスタオル※冬は小さい毛布のようなものが暖かくておすすめ

バスタオルを縦に二つ折りにして敷いておくと、汚れが浸透してバウンサーまでいってしまうこともないかと思います。では、どういう時にバウンサーが汚れてしまうのでしょうか?以下をご覧ください♪

ミルクの吐き戻し

新生児のうちのミルクの吐き戻しの回数って本っ当に多いんです。ゲップが一人で上手にできない時期ですね。振り返るたびに口からタラ~っと流れていることもあるくらい頻繁にある吐き戻し。そのたびにバウンサーは汚れてしまいます。

バウンサーについた吐き戻しのよごれをそのままにしておくのは不衛生。汚れてもサッと交換できるようなバスタオルを敷いておくとGOOD!

ウンチ漏れ

バウンサーやバンボに赤ちゃんを座らせると、なぜかウンチが出る!という七不思議があるのをご存知でしょうか。しかもその量は大量。もちろん赤ちゃんみんながそうなるわけではありませんが、うちの子たちはバッチリ当てはまりました!

こういった赤ちゃんたちも含め、バウンサーのおしりの部分が汚れちゃうことって多々あるんです。バウンサーがのウンチ汚れは洗うのも大変だし、汚れてもすぐに洗い流せるようなバスタオルをあらかじめバウンサーに敷いておくと安心ですね。

バウンサーのベルトはキチンとしよう

ベルトをしていない場合、赤ちゃんがクネクネ動くとスルっと地面にずり落ちてしまいますベルトは簡単。ボタンを通すだけ。とはいえ忙しいママやパパは、急いで赤ちゃんをバウンサーにおろして、そのままベルトをするのを忘れてしまうこともあるかもしれません。私も、振り返ると子供が上の写真のようになっていて「うわあ!!ごめん~」と謝ったことが何度もあります。

使わなくなった今でも心底買って良かったと思える

ベビービョルンのバウンサーが活躍してくれたのは、長男の時は生後1ヵ月から1歳前くらいまでの10か月くらい。次男の時は、育児にも慣れていたし抱っこちゃんではなかったのでバウンサーはほとんど使いませんでした。

まわりからは「たった10か月しか使わないならレンタルで良かったんじゃない?」ってよく言われます。だけど、バウンサーを使った10か月は本当にしんどい時期だったので、「レンタルだから汚さないように…」とかで余計な気を遣いたくなかったし、結果的に値段以上の価値があったと心から思えます。

バウンサーが汚れてしまって洗濯をしている間のバウンサーが使えない時間は「お願いだからはやく乾いて~!」ってなるくらいバウンサーに依存していました。

もし今現在「抱っこばっかで辛い」というママやパパがいるなら、試してみる価値は十分にあると思います!仲の良い親族やお友達でベビービョルンのバウンサーを持っている方がいれば、貸してもらうべし♪

私のように気を遣うのが嫌な方は、ちょっと高めではありますが、購入を考えてもいいかもしれませんね。ベビービョルンのバウンサーで一番辛い新生児育児を乗り越えられたお話でした。最後までお読みいただきありがとうございました♪

楽天

Amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする