子連れ旅行2018~和歌山県~三段壁編

 

灯りやで朝を迎え、8時から朝食をとりました。

おいしかったです。朝から美味しい梅干しって最高~!

灯りや朝食

子供たちの朝食はホットケーキでした。

子供朝食

子供が残したごはんもペロリとたいらげてご馳走さまでした。一泊二日お世話になりました。お布団は自分で敷いたり戻したりするシステムでしたので綺麗に元通りにしてチェックアウト。

スポンサーリンク

三段壁へ行くためにまずは駐車!

ホテルから三段壁付近までは7分くらいで到着。無料駐車場があるとは知らず、ここのお土産やさんの駐車場に停めてしまいました。

車を停めた後はスタッフの人に500円渡します。1000円以上購入すると駐車料金は無料になり、500円を返してもらえるとのこと。1000円以上買わなかったら駐車料金500円。じゃあお土産買おうってなっちゃいますよね。

いざ段壁へ!

三段壁

三段壁に行く前に、「平草原公園」へ行ったのですが、桜祭りがおこなわれており駐車場が満車で入ることができず。第二駐車場もありましたが、結構歩くみたいだったので、平草原公園は断念して三段壁へ向かいました。

アロエ

アロエ公園を通って三段壁に向かいます。11月から1月末まではアロエの花が見頃のようです。3月末でしたのでこんなかんじでした。花は咲いていなかったけれど、こんなにたくさんのアロエを見る機会もないのでまじまじと見てしまいました。

三段壁

あっという間に三段壁到着。

三段壁

とっても気持ちいい~!この景色を見て、天気が良くて本当に良かったと思いました。

三段壁足湯を発見

足湯

気持ちの良い景色を見ながら足湯にも入れます。足湯に浸かっていると、私の背後で、「足湯やろうよ!」「嫌だ!みんな洗ってもない汚い足で入ってんだよ?」という会話が。悲しくなりつつ温まった足を拭いて洞窟へ向かいます。

ちなみにこの三段壁足湯は平成25年12月にオープン。関節痛や筋肉痛、冷え症ややけど、疲労回復に効果があります。温度は約35度で、ぬるめですよ~。雨天時は足湯はやっていないそうです。

さぁ、子供たちと楽しみにしていた三段壁洞窟へレッツゴー!まずはチケットを購入。大人(中学生以上)は1300円。子供(小学生)は650円。小学生未満は無料です。チケットを購入したら、エレベーターに乗って地下に向かいます。

本日のメイン!三段壁洞窟へ

エレベーター

地上から地下まで36メートル。エレベーターで約24秒。

エレベーターを降りてすぐ目に入るのがこちら。

三段壁洞窟

三段壁洞窟の由来

説明

順路に沿って洞窟内を歩きます。

三段壁洞窟

スタッフの方が写真を撮ってくれたらさぁ出発。

地面や壁が濡れていて、ここは洞窟内なんだと実感してワクワク。

三段壁洞窟

子供たちもテンションがあがり、急に走り出すので何度も注意。手をつないでいないと危ない場所も少しあったので、親子ともども滑らないように歩きました。

三段壁洞窟

洞窟内はベビーカーや車いすも大丈夫だそうですが、滑らないように気を付けましょう。

三段壁洞窟

打ち寄せる波が、それはそれはすごい迫力でしたよ~!「来るぞ来るぞ~っ!ザブーーーンッ!!!」って、大人げなく子供と大喜びしました。

洞窟

潮吹岩(だったような)。

洞窟

洞窟

洞窟内は1週が案外短かったので、2周しました。洞窟を歩くという貴重な体験に、子供たちもとっても楽しんでくれました。まぁ2周目を楽しんでいたのは私だけでしたが。

三段壁を散歩してみる

三段壁

三段壁洞窟を出たら、ちょっと三段壁を眺めに歩きました。地面はボコボコです。2歳を抱っこして歩いたのでつまずかないように気をつけました。

三段壁

三段壁の眺めの写真はブレブレすぎて消去。進入禁止の場所まで歩きました。

三段壁の感想

洞窟

三段壁洞窟は口コミなどを見て正直あまり期待しないようにしていましたが、とっても楽しかったです!子供たちも初めての洞窟にテンションがあがり、岩を打ち付ける波に大喜びしていました。うちの2歳は最初は波の迫力や水しぶきに怖がって近寄りませんでしたが、すぐに一緒になって大はしゃぎしていました。

子供たちは意外と三段壁のボコボコな地面を歩くことが楽しかったようです。岩に登ってジャンプしたりカッコつけたり。あんなに岩がたくさんある地面を歩く機会ないもんね。三段壁、来て良かった。三段壁洞窟の入場料はちょっと高いなと思いましたが、洞窟を維持するためには仕方ないのかな~と。

うちの2歳が三段壁洞窟を楽しめたのはお兄ちゃん効果が強かったと思います。うちの5歳の長男がいなければ、あそこまで楽しめなかったかもしれません。打ち付ける波は最後まで怖がっていたかもしれない!

行く前は、三段壁が子供たちの楽しめるスポットなのかと不安でしたが、結果うちの家族はみ~んな楽しい時間を過ごすことができました。

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする