楽天でんきと大阪ガスの電気どっちが得?電気料金の違いや口コミを徹底調査!

こんにちは、かねまるです。

現在関西電力と契約してる我が家。電気が選べる時代に突入してもなお、電気=関電という考えでずっとやってきたのですが…

ここにきて、『楽天でんき』『大阪ガスの電気』のどちらかに乗り換えようか検討中なんです

というのも、それぞれにメリットがあり我が家にとってはデメリットが無いように思えるのです。電気が送られてる仕組みはかわらないから停電しやすくなるといった心配もないし。

ということで!

今回は、楽天でんき大阪ガスの電気それぞれのおすすめポイントどんなお得な特典があるのか?また、どれくらい電気料金が安くなるのか?などなど気になることをまとめていきたいと思います( ^^) _旦~~

スポンサーリンク

楽天でんきのメリットとデメリットは?

楽天でんきの良いところで真っ先に思い浮かぶのは、基本料金が0円というところ。使った分だけの支払でOK!基本料金が0円なのは、楽天でんきとLoop電気くらいじゃないでしょうか?きちんと調べたわけじゃないので定かではないですが(;^ω^)

そして、ここからは楽天ユーザーの方のみにお得な情報となりますが、電気料金200円につき楽天スーパーポイントが1ポイントが貯まるんです。さらに、電気料金を楽天カードで支払うと100円毎に楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる仕組みとなっています。

そして!楽天でんきお申込み2,000ポイントが貰えるというのもとっても魅力的です。※4か月以上の契約が対象

楽天スーパーポイントを使って『楽天でんき』の支払いもできるということなので、楽天ユーザー&楽天カードを持っている方は『楽天でんき』にするとお得がいっぱいかもしれません!

楽天でんきを使い始めたものの、「やっぱり違う電気会社に…」と思った時も安心解約の時に発生しがちな『解約違約金』も楽天でんきは0円です安心して解約できますね。※契約4か月以内だった場合は新規契約特典の2,000ポイントはもらえなくなります。

楽天でんきのメリットまとめ
      • 基本料金ずーっと0円
      • 楽天スーパーポイント貯まる使える。
      • なら楽天スーパーポイント2,000ポイントもらえる。
      • 契約手数料解約違約金一切なし安心

楽天でんきのデメリットまとめ

特になし

大阪ガスの電気のメリットとデメリットは?

現在、ガスは大阪ガスの都市ガスを使っていて、電気は関西電力従量電灯Aで契約している我が家にぴったりな『大阪ガスの電気』の料金プランは以下の2つ。

『ベースプランA-G』と『スタイルプランP』です。

ベースプランA-G

一般の家庭で大阪ガスの都市ガスと『大阪ガスの電気』をセットで契約する方向けのプラン。関西電力従量電灯Aと比較すると、電気の使用量に関係なく得になります。

※解約時にかかるお金は一切ありません。

スタイルプランP

契約している間はAmazonプライムが無料でずっとついてくるプラン。

Amazonプライム

  • Amazonプライム配送が無料になる
  • Amazonで開催されるセールで一般会員より一足先に買い物することができる。
  • Amazonで開催される『Amazonプライム会員限定セール』に参加できる。
  • Prime videoで対象の動画が見放題。
  • Prime musicで対象の音楽が聴き放題。
  • Amazon photosで無制限で写真を保存できる。

などなど!!

※Amazonプライムの利用にはクレジットカードが必要です。

※スタイルプランPのみ1年契約(自動更新)となっているので、1年以内に途中解約した場合、残った期間分の1ヵ月ごとに325円の違約金がかかってきます。

Amazonプライムに興味が無くて少しでも料金を安くしたい場合はベースプランA-Gを。

スタイルプランPの電力量料金はベースプランA-Gよりほんの少し高いものの、Amazonプライムの料金(年間3900円)は大阪ガスが負担してくれるので、Amazonプライムに興味がある、もしくはすでに加入しているという方はスタイルプランPを選ぶと良いでしょう。

スタイルプランPを新規契約すると、Amazonプライムの年会費3900円を大阪ガスが負担してくれる他に、Amazonギフト券3,000円分がプレゼントされます。

ただしAmazonギフト券をもらうにはマイ大阪ガスへの登録が必須となっているので要注意。マイ大阪ガスへログインするなどの条件を満たした方のみしかもらえないようですよ。※Amazonギフト券3,000円分がもらえるキャンペーンは2018年12月31日まで。

さらに今なら『ベースプランA-G』『スタイルプラン』どちらを選んでも新規契約の方に限り基本料金が2か月無料になるという秋のトク×トクキャンペーン実施中です。※期間は2018年10月1日から2018年12月31日までとなっています。

上にも書いた通り【1年契約の自動更新】となっているので、解約する際ちょっと面倒かもしれませんね。スタイルプランPの解約後に『Amazonプライム』を継続したくない場合、自分でAmazonプライムの解約手続きを行う必要があるので注意しましょう。

大阪ガスの電気のメリットまとめ
      • 大阪ガス大阪ガスの電気両方を使う人向け。
      • Amazonプライム入りたい人もしくはすでに入っている人にはお得
      • 今ならAmazonギフト券3,000円分もらえる
      • 今なら基本料金2か月分無料になる。

大阪ガスの電気のデメリットまとめ
      • 『スタイルプラン』Amazonプライム入りたい人すでにAmazonプライムに入っている人以外には得が少ない
      • 『スタイルプラン』解約が少し面倒

楽天でんきと大阪ガスの電気それぞれの支払方法は?

『楽天でんき』と『大阪ガスの電気』の支払いにはそれぞれどんな方法があるのか見ていきましょう。

楽天でんきの支払い方法は1つだけ!

楽天でんきの支払い方法はクレジットカードのみ。楽天会員で登録しているクレジットカードが適用されます。

利用可能なカード

VisaMasterCardJCBDiners ClubAmerican Express

楽天でんきでは、前月の検針日から当月の検針日までの料金翌月支払います

大阪ガスの電気の支払方法は3通り!

大阪ガスの電気の支払方法は、クレジットカード口座振替請求書(払込票)3種類

※現在大阪ガスを契約されている方は、ガス料金と同じ支払方法となるので支払い手続きは不要です。

楽天でんきvs大阪ガスの電気!電気料金が安くなるのはどっち?シュミレーションした結果

『楽天でんき』『ベースプランA-G』『スタイルプランP』それぞれをシュミレーションしてみました。先に言ってしまいますが、シュミレーションした結果、我が家が最も料金が安くなるのは楽天でんきであることがわかりました

では、どうして結論に至ったのか。それぞれのシュミレーション結果をご紹介します。

楽天でんきのシュミレーション結果

まず、楽天でんきのプランSの内容を見てみましょう。楽天でんきの電気料金は【お住いのエリアの従量料金】×【月間使用量(kWh)】で算出できます。

  基本料金 従量料金(税込)
北海道電力エリア 0円 29,50円/kWh
東北電力エリア 26,00円/kWh
東京電力エリア 26,00円/kWh
中部電力エリア 26,00円/kWh
北陸電力エリア 21,50円/kWh
関西電力エリア 22,00円/kWh
中国電力エリア 24,00円/kWh
四国電力エリア 24,00円/kWh
九州電力エリア 23,00円/kWh
沖縄電力エリア 26,50円/kWh

我が家は関西電力エリアに住んでいて、年間4,916kWh使用していることをふまえて、楽天でんきのシュミレーションをしてみると…

楽天でんきへの乗り換えで電気代が年間9,696円安くなることがわかりました。

さらに、楽天スーパーポイントが年間584ポイントゲットできるようです。さらにさらに、我が家は楽天カードで支払いする予定なので、これプラス年間1,174ポイントもらえることになります。

とうことで、我が家が楽天でんきに乗り換えると、今よりも実質11,454円(楽天スーパーポイント含む)お得に!!

楽天でんきへの申し込みで楽天スーパーポイント2,000ポイントももらえるのでラッキー(*´▽`*)

楽天でんきのシュミレーションはこちらから

楽天のでんき お申込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーン【楽天エナジー】

大阪ガスの電気『ベースプランA-G』のシュミレーション結果

都市ガスを契約している一般家庭向けのプラン、ベースプランA-Gの料金表を見てみましょう。

最低料金(最初の15kWhまで) 単位

料金単価(税込)

1契約 279,82円
電力量料金 15~120kWh 1kWh 19,95円
120~350kWh 24,45円
350kWh以上 27,33円

基本料金は279,82円です。我が家が使用した電力量1年分を記入してシュミレーションしてみると、年間5,258円安くなることがわかりました

4人家族の我が家が120kWhを下回った月は1年に1度もありませんでした。120~350kWhの月は6回。350kWh以上だった月は6回でした。

大阪ガスの電気『スタイルプランP』のシュミレーション結果

契約中ずっとAmazonプライムが利用できる、スタイルプランPの料金表を見てみましょう。

最低料金(最初の15kWhまで) 単位 料金単価(税込)
1契約 580,00円
電力量料金 15~120kWh 1kWh 20,19円
120~360kWh 24,53円
360kWh以上 28,76円

基本料金は580,00円です。シュミレーションしてみた結果、年間4,370円安くなるという結果が出ました。しかし、ここで注意。

このシュミレーション結果はAmazonプライムの年会費も含まれた計算になっているんです。なので、電気代がどれくらい安くなるのかが知りたい方は、ここからAmazonプライムの年会費3900円を引く必要があります

よって、4,370-3,900で、スタイルプランPに乗り換えると電気代は年間470円安くなるという事がわかりました

大阪ガスの電気のシュミレーションはこちらから

大阪ガスの電気のシュミレーション

楽天でんきと大阪ガスの電気の口コミは?

実際に契約された方々の感想はぜひ聞いておきたいところ。楽天でんきと大阪ガスのでんき、それぞれを利用中の方々のツイートを調べてみました。

楽天でんきの口コミ

楽天でんきは2018年11月からスタートしたばかりの新サービスとあって、まだまだ「楽天でんきに切り替えた!どれくらい安くなるのか楽しみ♪」とウキウキしている段階の方がほとんどでした(笑)

楽天でんきから電気代の請求はまだ来ていないものの、楽天でんきを契約するとマイページから『電気使用量』や『電気料金』を確認することができて使いすぎを予防することができるそうで、節電に役立っている方が多いようです。

確かに「洗濯機まわした時間はこんなにも電力使ったんだな」とか「家にいない時間はこんなにもグラフが落ち着いている(笑)」とかが目に見えるのは嬉しいですよね(*´▽`*)

今のところ楽天でんき利用者の口コミは、「安くなってポイントが貯まるのが楽しみ」「楽天スーパーポイントで支払いする!」というような期待いっぱいのコメントで溢れていることだけがわかりました。

大阪ガスの電気の口コミ

大阪ガスの電気で口コミが多いのはスタイルプランPの話題。Amazonユーザー&Amazonプライムユーザーにはとっても魅力的なプランのようです。電気使用量が少ない一人暮らしなどの方が「今までより安くなった!」と喜びの声をあげているケースが多かったです。

一方、家族が多い家庭など電気の使用量が多い場合は「今までとほとんど変わらない」という結果になることもあるようです。正しいシュミレーションがいかに大事かということがよくわかりました。

でんきの切り替えで新しい節約を取り入れよう!

今回は我が家の『楽天でんき』と『大阪ガスの電気』のシュミレーション結果をご紹介しました。今回でたシュミレーション結果はあくまで我が家のケースです

お住いの地域や1ヵ月の電気使用量は家庭によってバラバラ。なので必ずシュミレーションをしっかりやってから申し込みすることを強くおススメします!

私は近々楽天でんきに替えたいということを主人に相談し、OKの返事が出次第すぐに楽天でんきに変更するつもりです。というか、します!これくらい安くなったよ~とかも後々報告していけたらなと考えております(*´▽`*)

少しでも無駄をなくしてお得に節約したいのが主婦の本音。何の疑いもなく今まで当たり前に払ってきた電気代。その電気代が、ちょっとの手間(申し込み)だけで安くなってポイントまでもらえるならそりゃあ切り替えますよ!!

ドコモから楽天でんわに乗り換えることも何年も躊躇してきたけど、今思うと「早くやってりゃもっと楽できたのに」ってあの頃の自分を悔いてます(苦笑)

とにもかくにも、『楽天でんき』は新しく始まった新サービスなので、あまり期待しないようにして(内心期待しちゃうけど)様子を見ていけたらなと。…解約金などがないので「なんか違うぞ」と思ったらまた違うところに替えたらいいだけなので、今はただただウキウキしていたいと思います。

楽天でんきが気になった方はシュミレーションでどれくらい安くなるのか要チェック♪

楽天のでんき お申込みで2,000ポイントがもらえるキャンペーン【楽天エナジー】

長々書いてしまいましたが、お役に立てると幸いです。少しでも公共料金を安くできるように、自分に合ったプランを見極めていきましょう

追記:楽天でんきへの申し込みが完了しました♪申し込みの流れや申し込み後の流れなどなど、詳しくまとめた記事も良かったらのぞいてみてくださいね(*´▽`*)

初めての請求明細!電気の切り替えでいくら安くなったのか?▽

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする