ラボクルのリア用レインカバーを2年使った感想は?取り付けも簡単で雨風も防ぐ優れものだった!

こんにちは、かねまるです。

三人乗り自転車を購入してから2年、ようやく子供イスに取り付けるレインカバーを購入しました。

レインカバーのなかった期間、雨の日はどうしていたのかというと、子供にレインコートを着せて子供用の小さな傘を持たせてゆっくりゆっくりと幼稚園まで通っていたんですね。

これが、まぁしんどいのなんのって(´;ω;`)!!

子供は雨で濡れちゃうし、外に出て大雨&風の日だった時の憂鬱さったら言葉にできないくらいでした。

これはもうレインカバー買うしかないでしょってところまでいき、悩みに悩んで購入したレインカバーは当時楽天の人気ランキングで不動の1位だったラボクルのレインカバー!

これがもうとってもとっても良かったので、今回は、ラボクルのリア用レインカバーのおすすめポイントと、ラボクルのレインカバーを2年使用した感想をご紹介します!

スポンサーリンク

ラボクルのリア用レインカバーのおすすめポイント

ラボクル

私が購入したラボクルのレインカバーはリア(うしろ)用です。チャイルドシートはOGKなのでちょい大き目。取り付けられるかな?と心配もあったのですが、問題なく取り付けることができました。

実際にラボクルのレインカバーを使ってみてわかるおすすめポイントをまとめていきたいと思います♪

取り付け&取り外しが簡単

ラボクルレインカバー

レインカバーを購入するにあたっての絶対条件は、取り付け&取り外しが簡単なことでした。

自転車につけたまま小さく丸めて収納するタイプのレインカバーもありますが、私が望んでいたレインカバーはそういったタイプではなく、カパッとつけられてカパッと外せるタイプだったんです。

取り外した後はかさばって(場所をとって)OKなレインカバーが欲しかったんです!その理由は下に記述しています(*´▽`*)

購入してから最初に取り付けるときは、リアシートのヘッドレストに取付板を装着する時間が必要なのですが、その後のレインカバーの付け方はとっても簡単♪▽

  1. レインカバーをリアシートにカパッとかぶせる。
  2. カバー内側にある面ファスナー(マジックテープ)にペタッと固定。
  3. 足置き部分にカバーをかぶせる。
  4. ファスナーを下まで降ろす。
  5. 最後に、レインカバー後ろ下側にあるヒモをギュッとしぼって完成。

文字にするとややこしく感じますが、やってみると非常にシンプルです。

初めての取り付けは主人がやってくれましたが、「説明書が難しく書きすぎ」と驚いていました(^_^;)

しっかりカタチを保ってくれる

ラボクルレインカバー

付け外しが簡単なものというのが、レインカバーを購入するにあたって最も重要部分でしたが、カタチがへにゃ~っとなってしまうものは嫌だったんです。

へにゃ~っとなっちゃうタイプのレインカバーは、なんの固定もせずに本当にかぶせるだけ!とてつもなく楽!しかも取り外した後もかさばらない!

…だけど、そういったタイプは、レインカバーの中に入る子供にはあまり快適そうには見えませんでした。レインカバーをかぶっている感じといいましょうか。

小雨の時はまだいいけど、雨の強さによってはしんどそう。それならかさばってもいいからしっかりしたレインカバーがいいなぁと(._.)

なので、ピシッとしたカタチを常に保っているラボクルのレインカバーは私にとって最高だったんですね。雨の日も風の強い日ももちろんへっちゃら。

カタチがしっかりしているから、子供は自分でファスナーをあげて1人で乗れる。ファスナーを全開にすると少しクニャッとなるけど、余裕の許容範囲です。

カラーが豊富

レインカバーを探したことがある方はわかるかもしれませんが、レインカバーってカラーの種類が少ないんですよね!

私の三人乗り電動自転車はモカ(ベージュ)色。過去に1度、妥協して(違うお店で)レインカバーを買おうかと思ったことがありました。そのレインカバーのカラーを見ると、種類が少ない!!!

ピンク・水色・迷彩・ブラック・・・。どれも自分の好みじゃない。無難にブラックにしようかとも思いましたが、ブラックってなんだか重く見えそう&太陽の熱も吸収しやすそうだし。

そもそも妥協していいのか?!…ってことで購入をやめたことがあったんです。

それに引き替え、ラボクルのレインカバーはカラーが豊富

ボルドーレッドシャンパンゴールドオーシャンブルーアーバングレーショコラブラウン・ピュアブラックの全6色です。

私は三人乗り自転車のモカ色に合わせてシャンパンゴールドを購入しました。思った通りの色でニヤリ。私の好みにズバッとハマりました。

しっかり防寒してくれる

雪

レインカバーが無かった2年間、冬が本当に可哀想でした。ジャンパーを着て毛布をかぶっても寒いのなんの。

ラボクルのレインカバーを購入してからは、子供が「全然寒くない!」と感動していました。もっと早く買ってあげればよかった!!それだけです(;´Д`)

真冬はレインカバーの中で毛布だけ膝にかけてあげてジャンパーなしで登園しましたよ♪

ラボクルのレインカバーを2年使用した感想は?

↑箱から出したばかりだったのでシワシワ(笑)

ちょっと高かったけど、ラボクルのレインカバーにして正解だったと心底思っています。

毎日子供の幼稚園の送り迎えに使用するのですが、毎朝、自転車の後ろについたラボクルのレインカバーを見るたびに「うん、良い(*´Д`)」って思ってます。

なんてったって子供が嬉しそう。まぁ所詮レインカバーなので、広々~♪ってワケではありませんが、ひとつの空間になっていることで自分の部屋のように感じているのでしょう。雨の日もとっても快適そうです。

雨で完全に閉めきっている時なんかは、背後から子供の熱唱している声がうっすら聞こえてきて微笑ましいですよ。

カラーも気に入っているし、街でラボクルのレインカバーをしている自転車を見かけるとテンションがあがっちゃいます。

全く知らない人のラボクルのレインカバーを見て「ほか(他社)のレインカバーよりずっとカッコイイ~」と惚れ惚れ。笑

冬はレインカバーはずーっとつけっぱなし。春と夏は雨の日だけ取り付けて使っています。梅雨ももちろんつけっぱなし(*´▽`*)

使わない日は、カパッとはずして物置にそのまま置いています。

余談ですが、ラボクルのレインカバーを購入してから3週間くらいの頃、せま~い道を通っている時に電柱の隙間でラボクルのレインカバーを擦ってしまうというミスを犯してしまいました。(;´Д`)

2年経過した今はそこ以外に傷もなくキレイなまま。自転車を倒してしまったり鋭利なものに当たらない限りは問題なさそうですね。2年使用くらいでは劣化も感じません。

注意!ラボクルのレインカバーが合わないリアシートもある

デッサンの手

購入する前に、ラボクルのレインカバーが今使っているリアシートに装着可能かどうか確認する必要があります

ヘッドレストのないチャイルドシートには装着できません。ヘッドレストがあっても、一部の特殊な機種には取り付けができない場合があります。詳しくはラボクルの楽天市場店のページに載っているので要チェックですよ! 

さいごに

ラボクルのレインカバーで雨の日の子供の自転車送迎がグッと楽になりました

子供にとっても大人にとっても快適なレインカバーを見つけたおかげで、雨の日も楽しくお出かけできます。突然の雨ももう安心♪

ちょっと値段が高めだったけど、心の底から満足できて納得のいく買い物となりましたよ(*´▽`*)

来月からは下の子が通園に使います。購入当時は「下の子にも使えるかな?」と不安もありましたが、余裕でキレイなまま使うことができそうです。

ラボクルのレインカバーは、三人乗り自転車のリア用レインカバーを探しているママやパパにとってもおすすめできるアイテムですよ♪

3人乗り自転車での子供用ヘルメット装着は基本ですね♪

子供用ヘルメット OGK PAL購入レポの記事も良かったらご覧ください♪

万が一にそなえて子供の頭はしっかり守っておきましょう!いつか後悔する前に、今できることを!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする