ネムリゾート(ホテルネム)のガーデンプールが最高!売店と更衣室とプールについてご紹介

こんにちは、かねまるです。

前回はネムリゾートまでの交通手段伊勢志摩ライナー賢島駅からホテルまでのアクセス方法)についてご紹介しました。

今回は、ネムリゾートでチェックイン時間を待つ間に過ごしたガーデンプールについてご紹介していきたいと思います!

ネムリゾートのガーデンプールは超のびのび&エンジョイできたので、子連れ夏休み旅行にピッタリ!夏の旅行先にネムリゾート(ホテルネム)を検討中の方は是非参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

ネムリゾートガーデンプールまでの交通手段は?

ネムリゾート(ホテルネム)からガーデンプールまではおそらく徒歩5~7分ほどの距離。

散歩がてら徒歩で行く方もいらっしゃるかとは思いますが、ほとんどの方はランドカーをレンタル(24時間5,500円)してガーデンプールへ向かいます。

私たちもランドカーをレンタルしようとした時、スタッフの方が「お送りしますよ」と声をかけてくださったので、ありがたくガーデンプールまで送ってもらうことにしました。

▲スタッフの方が使う送迎用ランドカー。たくさん乗れる!

どれくらいかかるのかと思っていたら、あっという間にプールが見えてきました!

プールのすぐ側で降ろしてもらうと、スタッフの方の運転するランドカーはネムリゾート(ホテル)へ戻っていきました。

ネムリゾートガーデンプールの設備をご紹介!

hotel-nemu-garden-pool

まずはネムリゾートガーデンプールの設備を見ていきましょう。

ネムリゾートの『森の中のガーデンプール』は2014年に完成。夏期限定で楽しめます。

営業期間:2019年7月13日~9月1日
営業時間:9:00~17:00(最終入場16:30)
バスタオル貸出:有料※1枚100円

プールサイドにあるのは売店・更衣室・トイレです。ネムリゾートへ行く前に念のためチェックしておくといいですよ(`・ω・´)

売店

プールサイドにある売店。ここでポカリやコーラなどのペットボトル飲料を購入しました。

ガーデンプール売店で買えるMENU一部
  • ビール¥350
  • ソフトドリンク¥200
  • ミネラルウォーター¥150
  • 鳥羽国際ホテルチーズケーキアイスクリーム¥496
  • 大内山アイスクリーム¥310

プールサイドの売店では、浮き輪やビーチサンダル、水着などのプールで使うもの一式を購入することもできます

ちなみに売店のすぐ横に空気入れもありました!

かねまる
家から空気入れ持ってきたのに…

稀に空気入れの形が合わないこともあるので、持っていく余裕がある場合は持って行った方が安心かもしれませんね。

更衣室

ネムリゾートのガーデンプールサイドには、売店に並んで更衣室があります。

実際に行ってみるまではガーデンプールに更衣室があるのかどうかもわからなかったので、旅行前は「水着はホテルの部屋から着ていくのか?」「濡れたままでホテルに戻っていいのか?」などなど、疑問だらけでした。

しかし、さすがネムリゾート。ちゃんとキレイな更衣室が完備されていてホッとしました♪

そして、この更衣室がとっても涼しいんです。屋外でも過ごしやすい涼しい日だったとはいえ、8月なので気温はもちろん高く。。。

たま~に更衣室に入って涼んでました(笑)←誰も人がいなかったので(*´▽`*)

ロッカー

更衣室に入ったら、まずロッカーで水着に着替えます。大き目のロッカーなので大き目のカバンも十分入りました。

貴重品やスマホはプールに入らない母(おばあちゃん)に持っていてもらい、ロッカーの鍵を腕につけて泳ぎました♪

私がガーデンプールを利用した時はほぼお客さんがいない状態だったので、最終的にはベンチにカバン(貴重品)を置いて泳いぎましたが…

万が一盗難にあっても自己責任なので注意しましょう(`・ω・´)

シャワー

プールを十分楽しんだら、更衣室の横にあるシャワー室で体を流します。ここはいたって普通のシャワーです。

簡易的なシャワールームなので、ドアではなくカーテンでした。

脱水機

ロッカールームの隅っこには脱水機が完備。

私は最初これをゴミ箱だと勘違いしていたのですが、後から主人に「脱水機あったね」と言われて初めて気がつきました(苦笑)

たしか脱水機は女子更衣室と男子更衣室に各1台しかなかったと思います。

お客さんがたくさんの時は利用できないかもしれませんが、すいている時は利用した方が次の日もプールに入る場合に水着が乾きやすくなっていいですね。

ドライヤー

プールサイドにあるトイレ横には手洗い場があり、そこにドライヤーが設置されています。

風力もそこそこなのでロングヘアーでも割とすぐに乾きました(^ω^)

私が利用した時間は15時すぎだったのですが髪の毛一本なくて清潔。ちょこちょこ清掃されているのかなと感じました。

ドライヤーは2つ用意されていた…と思います(`・ω・´)←記憶が曖昧

トイレ

こちらもまた清潔感のあるトイレ。今回私は利用しませんでしたが、見た感じキレイでした。

更衣室・ロッカールーム・シャワー・トイレまでが同じ建物に横一列に並列されていて、いちいち出たり入ったりする必要がなく利用しやすかったと感じました。




ネムリゾートのガーデンプールでの過ごし方

広くて解放感満点のネムリゾートのガーデンプール。写真奥側の仕切りの向こう(青いエリア)は水深が浅く、赤ちゃんから幼児向け。

プールには一応スタッフの方が立ってプールを監視しています。

50分に1度10分程度の休憩時間が設けられており、その間はスタッフの方がプールに浮いた葉っぱなどを網ですくっていました。

ガーデンプールで長時間過ごす方は、ランチにホテルからのデリバリーを利用してもいいですね。

この投稿をInstagramで見る

NEMU RESORTさん(@nemu_resort)がシェアした投稿

ガーデンプールでランチを楽しめるのは11時半~13時半(ラストオーダー)まで。お食事到着までに30分から40分かかるとのことなので、余裕を持って計画しましょう。

プールサイドにはお食事に便利なテーブルもあります。

ガーデンプールには有料で借りられるガゼボがあります。

ガゼボの定員は4名。ちょっとリッチなプールタイムを過ごしたい人や2人きりでくつろぎたいカップルにいいですね。

ガゼボのレンタル料金
1時間2,000円
3時間6,000円

私たち家族は無論こちらの無料で使えるリクライニングチェアを利用しました。

パラソルが日陰になってくれたおかげで十分くつろげましたし、全くプールに入らなかった母もリクライニングチェアに座りながら孫の写真撮影を楽しんでいました。

▲3歳の次男も超くつろいでました(笑)

最初の1時間は完全に貸し切り状態だったので、夢みたいな時間を過ごせました。

いつも都会のスイミングスクールでギュウギュウになって泳いでいる息子の印象が強いだけに、なんだかホントここにして良かったなって強く思った瞬間でしたね。

私もアラサーで久々(約15年ぶり)に水着を購入して着たのですが、人目もないので堂々と泳いではしゃいでしまいました。←泳ぐと言っても5メートルくらい(´;ω;`)

▲こちらの【グリーンリーフ】を購入しました(`・ω・´)

▲ラッシュガードは悩んだ末こちらの【ホワイト】を購入。

子供用浮き輪を2つ持参しましたが、こんなに広々使えたなら大人用の大きい浮き輪も持っていけば良かったです。

アラサー主婦、子供用浮き輪でプカプカ浮くしかありませんでした。とほほ。




子連れでネムリゾートに行くならガーデンプールは外せない!

hotelnemu tree

子連れ旅行でネムリゾートを選んだ理由のひとつだったガーデンプール。

もう最高の思い出になりました。子供たちが最高の笑顔でプールを楽しんでくれて、その姿を見ているだけで感無量でした。

プールは母(おばあちゃん)には楽しめないだろうなと思っていたので、ホテルでマッサージを受けることを勧めましたが、楽しんでいる子供たちを見たいと言って結局プールに付き合ってくれることに。

気を遣っているのではと思ったけれど、幸せそうに子供たちと会話したり写真を撮ったりしていたので、ゆっくりとくつろぎながら孫を眺められるこういう時間もたまにはいいのかなと感じました。

たまたまだったのかはわかりませんが、14時前後はお客さんがほぼ皆無で貸し切り状態でした。そこもまた非現実的な光景で、楽しめた要因のひとつだったと思います。

かねまる
まるでお金持ちにでもなったかのようでした。笑

そんなこんなで、子連れでネムリゾートに行くなら夏休みのガーデンプールがおすすめです!

次はネムリゾート(ホテルネム)にチェックイン!お部屋やアメニティを紹介していきたいと思います(*´▽`*)

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする