ネムリゾートの温泉はミキモトとの共同開発で美容に嬉しい!館内の設備も合わせてご紹介します

こんにちは、かねまるです。

子連れで三重県賢島にあるネムリゾート『ホテルネム』に宿泊。

これまで、ネムリゾートへのアクセス方法ガーデンプールについて、デラックスルームの部屋の様子・部屋着・アメニティについてなどなどご紹介してきましたが、今回はネムリゾートの温泉について書いていきたいと思います

また、館内で利用できる気になる設備についても合わせてご紹介していきます。ぜひご覧ください♪

スポンサーリンク

【ネムリゾート】ホテルネムの温泉は地下にあり!

ネムリゾート(ホテルネム)の温泉“恵みの湯”は地下1階にあるんですね。エレベーターではなく階段で降りるカタチとなります。

階段を降りるとすぐにランドリールーム。その横にはミキモトコスメティックスのスパ

ミキモトグループ初のトリートメントサロン・温泉施設併設型のスパなんですよ。ホテルネム限定メニューとパール成分を配合したオリジナルマッサージがありかなり魅力的!

英虞湾の見える丘(ヨガテラス)で自然を感じながら受けられる屋外トリートメントなんかもあったりして、これはもう贅沢中の贅沢ですよね。

子育てが落ち着いていつかまたホテルネムに行けたら、ミキモトのトリートメント是非やってみたいです(´;ω;`)

そうそう。期間限定ではありますが、1名12,000円以上のトリートメントコースをするなら“早割キャンペーン”をぜひ利用してくださいね。

60日前までの予約で15パーセント割引に、30日前までの予約で10%割引になりますよ♪※土日祝は早割キャンペーンは利用できません。

詳しくはネムリゾートホテルネムのHPをご覧ください♪




【ネムリゾート】ホテルネムの温泉について

ホテルネムの温泉は恵みの湯と呼ばれ、『大地』『森』『海』3つの自然の恵みを全身で感じられる温泉となっています。

営業時間6:00~10:3015:00~24:00

男湯と女湯で共に3種類の温泉があるのですが、そのうちの2種類が“ミキモトコスメティックス”と共同開発をした美容にとっても嬉しい温泉になっているんですよ。

出典:https://www.nemuresort.com/hotspring/

出典:https://www.nemuresort.com/hotspring/

男湯と女湯を比べてみると女湯の方が明らかに広いです。おまけに女湯には広々としたパウダールームまでついていて、湯上りのスキンケアものんびりと楽しめそうです。

洗面台にはミキモトコスメティックスのスキンケア用品がずらり。インバスアメニティももちろんミキモトですよ。贅沢ですね。

せっかくなのでネムリゾートに行く前に、3つの温泉の効能などを詳しく知っておきましょう。

潮騒の湯

出典:https://www.nemuresort.com/hotspring/

潮騒(しおさい)の湯”は『大地』の恵みを感じることのできる天然温泉です。

大きな窓から見えるのはネムの森。朝と夜で全く違う外の景色になるのも魅力的。

外からは爽快感、壁や檜風呂からは自然のあたたかみを感じながら、保温効果の高い高泉質の天然温泉で体の芯からポッカポカになれますよ。

奥志摩温泉 合歓の郷 潮騒の湯効能泉質
泉質
ナトリウム塩化物温泉(低張性中性温泉)
効能
神経痛筋肉痛冷え性病後回復期疲労回復健康増進慢性婦人病など

合歓の木湯

出典:https://www.nemuresort.com/hotspring/

合歓(ねむ)の木湯”は『森』の恵みを感じることのできる温泉です。

ネムリゾートのシンボルである“ネムノキ”。ネムノキは、抽出したエイジングケア成分からネムノキ樹皮エキスとしてスキンケア用品に用いられることがあるんですよ。

“合歓の木湯”はミキモトコスメティックスと共同開発した温泉。

ネムノキ樹皮エキスに着目した結果、肌のシミやたるみなどの皮膚老化を防いで肌を保護、ダメージを修復し、透明感のある柔らかな肌へと浄化してくれる温泉となりました。

また、“合歓の木湯”は露天風呂となっており、晴れた夜には満点の星空を眺められるのも大きな魅力の1つとなっています。

真珠の湯

出典:https://www.nemuresort.com/hotspring/

真珠の湯”は『海』の恵みを感じることのできる温泉です。

真珠とアコヤ貝から抽出した貴重な美容成分を配合。肌のうるおいを保ち、肌の生まれ変わりのサイクルを整えてくれる効果があります。

こちらも“合歓の木湯”と同じく、ミキモトコスメティックスと共同開発された温泉なんですよ。

真珠からしか抽出されない天然のうるおい成分たっぷりの“真珠の湯”は、まるで全身美容液に浸かっているかのような贅沢な時間を味わうことができます。

真っ白でとろっとしたお湯が体と心にしみわたってリラックスできること間違いなし。湯めぐりの最後にもってこいの温泉ですね。

“真珠の湯”に含まれる真珠成分
パールコラーゲン
水分保持力が高く、肌を包み込んで乾燥から守ってくれる。
パールコンキオリン
肌に含まれる天然保湿成分と似た組織を持ち、肌のうるおいを保ってくれる。
ピュアパールミネラル
肌の生まれ変わりサイクルを整えてくれる。




湯めぐり後は『みえのしずく』で決まり!

ネムリゾート(ホテルネム)の湯上り処の一角にドンと置いてあるのが『みえのしずく』。

これが爽やかでとっても美味しい。柑橘系が好きな私にはたまらないお味。甘さはないのですが、独特な酸っぱさがクセになります。

みえのしずく』は、三重県で採れた季節の柑橘とフレッシュミントの入った伊勢茶

  • 緑茶
  • ガムシロップ
  • レモン
  • ミント
  • 季節の柑橘類

美容と健康に良い成分が多く含まれている『みえのしずく』。湯上りに飲めば、湯めぐりの効果を体の中からさらに高めてくれそうです。

【ネムリゾート】ホテルネムの洗濯機&乾燥機事情

一泊旅行をするにあたって気になるのが、ホテルネムには洗濯機があるのか?ということ。

はい、ホテルネムには洗濯機も乾燥機もありましたよ♪階段を降りてすぐの地下一階です!

洗濯機が3台、乾燥機が3台ですね。手前にはカゴが2つ。

小さな待ちスペースもあり。

私は小分けになった粉末タイプの洗濯洗剤をいくつか持参していましたので、それを使って洗濯をしました。

家族4人ぶんの水着とラッシュガードを洗濯したのですが、乾燥機が全然乾いてくれなくて3度回しました…が、生乾き(´;ω;`)

私の水着だけは乾いたバスタオルに包んで乾燥機にかけたからか結構マシでした。笑

部屋に戻って部屋干したら朝にはしっかり乾いていたので問題なし♪

ランドリールームには何度も(計4回)足を運びましたが、ランドリールームを利用しているお客さんを見かけることはありませんでした。




【ネムリゾート】ホテルネムの温泉の感想

ホテルネムの温泉“恵みの湯”をHPで見ている時は、狭そうだしくつろげないのでは…と思っていたのですが。

いざ行ってみると、自然を感じられる落ち着いた雰囲気に思わずワッとテンションがあがりました。

荷物や衣服はロッカーに預けて、鍵を腕につけて温泉へ。

まずは洗い場。ミキモトのインバスアメニティを贅沢につかえてウキウキ。体も頭もキレイになったらようやく温泉。

合歓の木湯は外の空気をしっかり感じられる露天風呂。この日はあいにく星空を眺めることはできませんでしたが、そんなことどうでもよくなるくらいとっても気持ちがいい。

葉っぱなどをすくう網が置いてあったので、葉っぱが落ちてくれるたびにそれを使用しながら合歓の木湯を満喫しました。

真珠の湯はトロッとした真っ白なお湯がいかにもお肌に良さそう。肌に塗りこんで幸せに浸っちゃいました。

合歓の木湯と真珠の湯はやや小さめの作りなので、入りそうな人がいるのを察知すると違う温泉に移動。笑

潮騒の湯は余裕たっぷりで広いので人を気にせず入れました。そこで珍しく何人かの方とお話しました(*^_^*)照

仕上げに真珠の湯に浸かって1回目の温泉終了。※早朝も入りに行きました(^^♪

3種類の温泉はどれもとっても気持ちが良く、お肌はツルッツルに。久々の肌の感触に誰かに触って確かめてもらいたかったほど。

温泉から出たら、お楽しみのミキモトのスキンケア♪♪

…と思ったら、ドライヤー中に長男が入っていきて「お母さん、来てーーー!」って。なんでも次男が私を探しているとか。

もうマッハで化粧水だけバシャッとつけて髪もビショビショのまま出ましたよね…(´;ω;`)ウゥゥ

翌朝改めてミキモトのスキンケアを堪能したのは言うまでもありませんが。笑

ホテルネムの温泉“恵みの湯”は、想像以上に空間が素敵で、美容にとってもとっても嬉しい温泉でした(*´▽`*)

日頃の疲れを癒したい&肌の美しさを温泉で磨きたい方はぜひぜひミキモトと共同開発の温泉を堪能してみてほしいですね。

子育てが始まって以来、美容から遠ざかっていた私でも「ちゃんとスキンケアしなきゃな」と美意識が高まりました♪

ネムリゾート、ホテルネムの温泉かなり良かった!あのリッチな独特の雰囲気を味わいたいので絶対また行きたいです(*´▽`*)

三重旅行に行く際は、ネムリゾートホテルネムも候補に入れてみてはいかがでしょうか♪

JTB※私はコチラで予約させていただきました。

NEMU RESORT HOTEL NEMU

日本旅行

HOTEL NEMU

じゃらん

NEMU RESORT HOTEL NEMU

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする