アイリスオーヤマのフライパン取っ手ありなしの違いは?ダイヤモンドコートパン取っ手一体型を購入してみた

こんにちは、かねまるです。

前回アイリスオーヤマのフライパン、『ダイヤモンドコートパン』について書きましたが…

あれから約半年。3年間毎日何度も使ったフライパン…ついにこびりつくようになってしました。

かねまる
残りの鍋や小さなフライパンたちは現役バリバリなんですけどね。

そしてようやくフライパンを買い替える決意を固め、次に選んだフライパンはまたまたアイリスオーヤマのフライパン!!

3年も毎日使えるフライパンってなかなかないもんねぇ(*´ω`*)

今回は取っ手一体型をチョイスしました。取っ手の取れるタイプとの違いなども合わせてレポしていきたいと思います。

スポンサーリンク

アイリスオーヤマ26センチフライパン取っ手ありなしで違いはある?

新しくフライパンを購入するにあたって悩んだのが、前回と同じ取っ手取り外し型のフライパンと新しく発売した取っ手一体型のフライパンのどちらにするかということ。

前回13点セットを購入したので取っ手(ハンドル)はもういらないし、他のフライパンはまだまだ使えるので、とにかく“フライパン26センチ”の単品だけが欲しかったんです。

取っ手がついているかついていないか以外になにか違いはあるのかな?と疑問に思ったので調べてみました。

種類 カラー 重さ 満水用量 サイズ

取っ手無し

ホワイト&マーブル

ブラック

707 2.7L

直径27.3cm

高さ6.1cm

取っ手一体型

ダークレッド

630

取っ手含む)

2.7L

直径27.8cm

高さ5.9cm

 

私が調査した限りだと、単品だけで売られているアイリスオーヤマのフライパン(26センチ)のカラーは取っ手なしだと【ホワイト&マーブル】【ブラック】の2色。そして、取っ手一体型ではガス火専用の【ダークレッド】とIH対応の【オレンジ】の2色でした。

フライパン底の焦げ付きが目立たないので暗い色のフライパンはありがたいですよね。

重さは驚くことに取っ手一体型のほうが軽いんです!底の厚さは3cmとそのままで、側面を薄くして軽量化に成功。手首の負担が減ってこれはありがたいですね。

満水用量は2.7Lと変わらず。直径0.5cm&高さ0.2cmの差といった違いはあるものの、大きな変化はないので使い勝手も変わりません。

ということで、見た目以外にそこまでの違いはありませんでした。

取っ手一体型ダイヤモンドコートフライパンを使ってみた!

アイリスオーヤマの取っ手一体型ダイヤモンドコートフライパンを楽天で2,000円で購入(*´▽`*)

まず軽さに驚きましたね。軽量化、さすがです。そしてピカピカのフライパンはやっぱり気持ちいい。

3年使い倒したアイリスオーヤマのフライパンはこんなになっちゃいまして。笑

使いすぎですね。はい、4月くらいから限界だったことには気づいておりました(;^ω^)

まぁアイリスオーヤマのフライパンに出会う前までのティ〇ァール時代は3か月~半年で捨ててたので、3年持ったなんて奇跡みたいなもんです。…これが普通なのかな?苦笑

とりあえず、新しくなったアイリスオーヤマのフライパンで初日にオムライスを作りました。ケチャップライスはフライパンにへばり付かなくなったし、卵も大量の油入なしでもスルっとお皿に乗ってくれました!(´;ω;`)

かねまる
フライパンってほんと大事!!!

そうそう、取っ手一体型になったアイリスオーヤマのフライパン。色がダークレッドで素敵になってました。毎日使うものだから好きな色だと嬉しいですよね、

ワインレッドってやつですか。昔この色のドコモのスライドケータイ使ってたな~なんて懐かしんだり。笑

そうそう、アイリスオーヤマの取っ手一体型フライパンには種類がいくつかあるんです!!購入される方は間違えないように注意してくださいね。

アイリスオーヤマの取っ手一体型フライパン
・20センチ

・26センチ←今回購入したもの

・26センチ深型

・28センチ

・28センチ深型

「煮物とかミートソースを作るために購入したのに深型ではないものを購入してしまった!」なんてことにならないように、商品写真だけで判断せずにきちんと商品名まで細かくみたほうが良さそうです

また、【ガス火対応】のものと【IH対応+ガス火対応】のものがあるので、これまたご注意ください。

今回私が購入したアイリスオーヤマの取っ手一体型フライパンはガス火のみ対応のもので、色がダークレッドになっています。

公式ホームページを見る限り、IH対応のものは色がオレンジになっていました。

フライパンひとつで料理は楽しくなる!

なんかこびりついてきたな~と感じだしてから、料理が本当に憂鬱でした。憂鬱なはずなのに、毎日のことなのでいつのまにかそれが当たり前になってきちゃってたんですよね。

フライパンにこびりついたものが洗っても取れなくなってようやく買い替えに至りましたが、あまりの快適さに料理をするのがちょっとウキウキになりました(*´ω`*)

かねまる
まぁ料理は苦手なので憂鬱さは少し残りますがね。笑

以前使っていた取っ手の取れるタイプをかなり気に入っていたはずなのに、どうして今回取っ手一体型のフライパンを購入したのか?

…取っ手の取れるタイプの単品フライパンと比較して、単に値段が安かったからです(*´▽`*)照

だけど、26センチフライパンは毎日何度も使うものなので収納することがほぼありません。なので、取っ手があっても問題なしでした♪

鍋タイプやたまにしか使わないフライパンは取っ手がない方がキレイに収納できてスッキリしますよね。

フライパンの購入を検討されているなら!アイリスオーヤマのダイヤモンドコートパン&フライパン、一度は使ってみてほしいです(*´ω`*)

今回購入したアイリスオーヤマのダイヤモンドコートフライパン【ガス火専用】はこちら↓

【IH対応】はこちら↓

フライパンから炒めなべからエッグパンからなにからなにまで買い替えたい方にはアイリスオーヤマの13点セットアイリスオーヤマ 「ダイヤモンドコートパン」 オレンジ 13点セット IH対応 取っ手のとれる フライパン 鍋 セット H-ISSE13P)がおすすめです♪

フライパンなど13点セット♪IH&ガス火どちらも対応しています(^ω^)

スルッとすべるフライパンを使ってストレスのない料理生活を送りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

おすすめ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする